美魔女を目指せ!首のシワ改善法

JV108_72A

首のシワが深く入っていると、実年齢以上に見えてしまうこともあるようです。首にシワのできる原因と、防止・改善法を知って、もっと若々しい印象を手に入れましょう!

意外と知らない首のシワの原因とは

ほうれい線や目尻のシワを気にする女性はたくさんいますが、陰になりがちな首のシワには気がつかないという人も多いようです。まずは、首にシワのできる原因を探っていきましょう。

加齢によるたるみ

首は縦横や上下など、大きく動きのある部位です。皮膚が引っ張られたり、たるんだり、意外と刺激を与えられます。また、首の皮膚は顔の皮膚同様にとても薄くてダメージを受けやすい、とてもデリケートな部分なのです。

歳を取るにつれ、首の皮膚も乾燥しやすくなっていきます。また、コラーゲンやエラスチンなど、皮膚の水分を保つ働きも弱くなるようです。気づいたら大きくたるんでいた…という人も少なくないようですよ。

枕の高さにも注意

意外と気づいていない人も多いですが、枕の高さによって寄るシワにも注意が必要です。女優さんの中には、首のシワを伸ばした状態で寝る人もいるほど、枕の高さは大切なのだそう。

寝ている姿勢を確認して、首にシワが寄っていないかどうかを確かめてみてください。もし、気道が塞がるような格好で寝ているのなら、タオルなどで高さを調整して、首のシワを伸ばすように調節してくださいね。首のシワは常日頃の姿勢から刻まれることが覆いそうなので、甘く見てはいけません。

筋肉の衰えが首のシワを引き起こす

首のシワが目立ち、たるむのは、表情筋の衰えに一因があるとも言われています。あごから首にかけて、表情筋を動かさんくなることで、たるみがひどくなってしまうことがあるようです。

エクササイズでシワを改善する

効果的なのは舌を出すエクササイズ。舌を思い切り突き出して、あごの下や首にかけての筋肉を刺激します。余裕があれば、その舌を左右に振ってみるのも効果的。左右の口角に寄せて、各10秒間キープ。1日3セットほどを目安に行いましょう。

マッサージで改善する

シワやたるみが起こるのは、血行不良が原因になっていることも考えられます。リンパの流れを意識して、あご下からデコルテに向かって手のひらでさすりましょう。むくみが改善され、ほっそりとした首が手に入ります。

また、デコルテ周りや顔のリンパマッサージを合わせて行うと、首周辺の血流が良くなり、さらに効果的です。

毎日の保湿ケアも大切

首周りの皮膚は、顔のようにファンデーションなどをつけないことから、無防備になりがち。日中に紫外線などのダメージを受けているのに、意外とそのケアは忘れていますよね。

まずは、入浴後の保湿ケアの際に、手に残った化粧水や乳液を首につけることからはじめてみましょう。首の皮膚がくすんで見えるなら、同時にリンパマッサージも取り入れてみてください。毎日のちょっとしたケアや気遣いが、あなたを若々しく見せてくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>