現代女性にありがちの「NGなお化粧」厳選3選

9ded7d46f59b4160d249ac809e2090b7_s

肌の色は真っ白、アイメイクも濃く……。自分ではバッチリにキメているつもりでも、実は男ウケがよくなかったり。メイクは自己表現の一つ!どう表現するかで、第一印象の善し悪しが決まってしまいます。そこで今回は、あなたは大丈夫?やってはいけない「NGなお化粧」厳選3選をご紹介します。

濃すぎる眉に、つけま盛りすぎはNG

NGメイクとして一番例に挙げられるのが、過度なアイメイク。必要以上につけまつげをつけたり、眉の色を濃くする人がいます。最近では、タレ目メイクといってアイラインで目尻を強調するテクニックが流行っていますが、やりすぎはNG。アイメイクが濃すぎると、男性は思わず引いてしまうようです。カラコンを使用する場合は、アイメイクを薄くし、バランスを整える必要があります。

「涙袋」も、カラコンと同様に人気ですが、これまたやりすぎはNG!目元があまりにキラキラしすぎると、本人は意識してなくても、ギャル風に見えてしまいます。ちょっと目元をぼかす程度でOK。何事もやりすぎには気をつけるようにしましょう!

顔と首の色が違う…!?

最近は肌を白く見せる下地クリームが流行っています。よく見かけるのが、顔と首の色が違うお化けメイク。美白になりたい気持ちは分からなくもないですが、せめて首までクリームを塗るなどして、肌の色に差がないようにしておきましょう。一番Goodなメイクは、首の色に合わせた下地やファンデーションを使用することです。

また、ほくろやクマなどコンプレックスを隠すのに必死で、ファンデーションの厚塗りをしてしまう人が多いようですが、男性からしてみると「圧迫感」を感じるそう。不自然な顔立ちにならないように要注意。

そのメイク、「オシャレ」じゃなくて「奇抜」かも!

ここ数年で赤や青など色つきのアイラインやマスカラが販売されるようになりました。色付きアイテムはトレンドではありますが、男ウケがよくないのと同時に、なかなか「オシャレ」とは受け取ってもらえない傾向があるようです。メイク初心者はもちろんのこと、上手く使いこなすには、なかなか高度な技術が必要に。

カラコンについても同じことがいえます。本人はオシャレのつもりで鮮やかなカラコンをつけていても、周りからしてみたら奇抜すぎると思われている可能性が。カラコンを使用する時は黒目に近い色を選ぶようにしましょう。

NGメイク厳選3選、いかがでしたか?何事も「ほどほどに」が一番のようです。あなたらしさをシンプルに表現すれば、男ウケすること間違いなし!ぜひ脱・NGメイクを目指してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>