夏のダメージをふせいで美髪美人!!

HT029_350A

肌はしっかり夏対策をしていても、ヘアダメージの存在は忘れがちです。肌と同じようにダメージケアをして、きれいな髪をキープしましょう。

夏のヘアダメージの原因いろいろ。

夏のヘアダメージの原因にはいろいろあります。

【紫外線】

肌にもダメージが大きい紫外線ですが、実は髪にも、ものすごく悪影響を与えていることはご存知ですか?紫外線を浴びると、毛髪内のたんぱく質が変形して、髪の潤いを守っているキューティクルがはがれやすい状態になってしまいます。さらにメラニンまで分解されてしまうので、髪の毛の色があせてツヤがなくなったり、パサつき、切れ毛、枝毛になることもしばしば…。頭皮も日焼けして皮がむけてしまっては、せっかくのヘアケアも台無しに。

【汗・皮脂】

夏は他の季節に比べて、汗や皮脂の分泌が活発になり、毛穴がつまって、頭皮に十分な栄養がいきわたらなくなってしまいます。

【冷房】

意外と見落としがちなのが、夏の冷房。

頭皮が冷えると血行不良を起こして、毛根に十分な栄養がいきわたらなくなってしまいます。夏は汗をかくから大丈夫と思っていませんか?冷房で頭皮が乾燥しがちなんです。乾燥すると頭皮のバリア機能が弱まって、かゆみやフケの原因になります。さらに、キューティクルもはがれやすくなってしまうんですよ。

【栄養不足】

夏はどうしても暑くて、食欲も落ちがちですよね。ついついそうめんやそばなど簡単に済ませてしまって、夏は栄養不足になりがちです。実は栄養不足も、髪に影響を与えているんですよ。

すぐに始めよう。夏のヘアダメージの対策方法!!

【その1】外出時には帽子や日傘で紫外線対策!

肌のように、いろいろ塗ることができればいいのですが、髪の毛はそうはいきませんよね。スプレーの日焼け止めにはボディ・ヘアと書いてあったりしますが、髪にまんべんなくスプレーするわけにもいきません。UV加工の帽子や日傘で、直射日光に当たらないようにするのが、紫外線対策の一番です。

【その2】シャンプーを工夫しましょう!

皮脂や汗を十分に洗い流すために、まずはお湯でしっかりと洗い流します。ここで十分にお湯洗いをしておくと、シャンプー剤をたくさん使わないで済むので、シャンプー代の節約にもなりますよ。つぎにシャンプーを髪の毛に直接つけて洗うのではなく、まずしっかりと泡だててから、地肌に直接つけて、頭皮をマッサージするように洗います。そうすることで、血行がよくなるのと、頻繁な洗髪によるヘアダメージを防げますよ。すすぎをしっかりとして、コンディショナーやヘアトリートメントで栄養補給もお忘れなく。

【その3】夏こそ、栄養満点の食事を取ろう!

髪のほとんどはたんぱく質でできています。あんまり食欲がないとしても、体と髪のために、たんぱく質を取りましょうね。お肉をなかなか食べられない人は、たまごや豆腐、豆など別の方法でたんぱく質を取り入れましょう。ビタミンCやビタミンB1・B2の補給もすると尚良しです。

皮膚と違って、髪の毛は再生しません。一度傷んでしまったら、元には戻らないので、しっかりとダメージケアをして、いつまでもきれいな髪を保ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>