毛根を詰まらせにくいシャンプーの仕方とは

HT016_72A

近年、ノンシリコンシャンプーが話題を集めています。
なぜならシリコンには、抜け毛を進行させるリスクがあるといわれ、その危険性を危惧する人が増えているからです。

しかし、洗い方のコツさえ押さえておけば、わざわざノンシリコンシャンプーに買い替えなくてもお手持ちのシャンプーで髪を健康に保つことができるってご存知でしたか?

知ってました?シリコン成分が頭皮に及ぼす悪影響

従来のシャンプーやコンディショナーには、シリコンが多く使われていました。
髪を潤い成分でコーティングする作用があり、艶やかでサラサラの質感を手に入れることができるからです。
しかし、この成分にはデメリットも…。

毛穴を詰まらせてしまいやすい点です。
これにより、毛根部分の血行が阻害され、抜け毛が起こりやすくなるともいわれています。

そこで登場したのが、シリコンを使わない、ノンシリコンシャンプー!
毛根にシリコン成分を詰まらせる心配がないので、毛髪の生成環境が保たれ、本来の美しい髪質作りに期待が持てるのです。

一工夫で解決!頭皮を守りシリコンを詰まらせない洗い方

とはいえ、シリコンは本来、髪を美しい質感に保つ成分です。コツさえ押さえれば、髪を守りながら洗うことができます!

短い時間で洗い終える

時間をかければかける程、毛穴への詰まりは引き起こされやすくなります。
そのため、長くても2分ぐらいで洗い終えるようにしましょう。
毛髪で泡立てるのではなく、先に手で泡を作ってから洗髪すると、時間短縮につながります。

入念なすすぎを心掛ける

洗う作業以上に、洗浄成分のすすぎに注力しましょう。
髪以上に頭皮を洗い上げる意識で、しっかりすすいで下さい。
こちらは多少時間をかけても問題ナシ。

シャンプー以外は頭皮につけない

シリコンは、リンスやコンディショナーにも使われています。
頭皮にまで成分を届ける必要がないので、リンスやコンディショナーを使うときは髪だけにとどめましょう。

シリコンシャンプーのメリットも実はこんなに!

  • 値段が比較的安い
  • 美しい質感が得られる
  • ノンシリコン特有のパサつきによる心配が無い

など、シリコン系洗髪剤にもメリットが少なくありません。
コツを押さえた洗髪法を、ぜひ試してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>