抜け毛に繋がるかも?!まとめ髪に要注意

GW071_72A

女の命とも称されるように、女性にとって髪は重要ですよね。

色んなヘアスタイルが楽しめるし、ファッションにおいても欠かせません。

手軽だけど危険?!あのヘアスタイルが命取りに…

長い髪は、さまざまなヘアアレンジに役立つので、便利ですね。
また、女性的な柔らかい印象を作る上でも効果的です。
ですが、食事をしたり、下を向いて作業を行う時に、邪魔に感じられるのもまた事実です。

スタイルが色々楽しめるけど、うっとうしい…!

そんな風にも感じられているかもしれません。
気合いの入ったデート時以外はずっとまとめ髪…そんな女性も、少なくないことでしょう。
でもこの方法には、実はとんでもない危険性が伴うことを知っていましたか?

便利だけどほどほどに…牽引性脱毛症に繋がるかも

ヘアゴムなどで髪を留めると、下に垂れ下がらず、すっきりまとめられますね。
でも、このスタイルは一方向に強い力で引っ張り続ける形となります。
すると毛根部には強い負荷がかかり続け、頭皮が血行不全をおこしやすくなります。
さらに酷い場合には、脱毛に繋がる恐れも…?!
これを、「牽引性脱毛症」と言います。

一時的にまとめる程度ならまだマシですが、一日中まとめ続けるポニーテール・アップスタイルなどは要注意!
邪魔に感じていた髪が、薄毛によって恋しい存在になってしまうかもしれません。

焦りは禁物!適切な対策ができれば、改善も可。

症状を抑えるには、まとめ髪の頻度を減らしたり、まとめる方向を定期的に変えたりすると効果的。
血行が滞りにくくなるので、発毛サイクルが改善します。
あとヘアゴムではなく、シュシュなどのゆったり留めることに適したアイテムが有効ですね。

女性は脱毛の原因となる、男性ホルモンの量が比較的少ないので、こうした対処さえ正しく行えば、自然と症状が治りやすいんです。
焦り過ぎると、ストレスでさらに抜け毛が進行してしまうことも考えられます…。
落ち着いて、豊かな髪を取り戻しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>