生理前のご自愛メゾットをご紹介

22889722_s

生理前の肌荒れに、頭を抱えている女性も多いはず。一生懸命、化粧水をつけても、サプリメントを飲んでも一向に治らず、余計にイライラしていたりしませんか?もしかしたら、少し視点を変えて、スキンケアや体調管理に取り組んでみると、効果があるかもしれません。そこで今回は、生理前のご自愛メゾットをご紹介します。

偏った食生活は絶対NG!

生理前に表れはじめるニキビは「黄体ホルモン」が原因。このホルモンが分泌されることによって、あごやおでこを中心に、ニキビやしわが出来やすくなるといわれています。また、生理前や生理中は普段よりも高温であるため、熱が加わり、ニキビが悪化しやすくなる可能性があるそう。まず、ニキビができやすい時期は、甘いものを摂るのを控えるようにしましょう。特にチョコレートは厳禁。どうしても、食べたい時は、豆乳やホットミルクを飲んで、肌に負担をかけないようにしましょうね!

肌トラブルを改善するためには、正しい食生活を送ることが一番効果的。玄米、緑黄色野菜、海藻、大豆商品を中心とした食生活を送るようにしましょう。食べたもので、体調の善し悪しが決まるもの。忙しくて時間がない時でも不摂生には気をつけてくださいね。

寝不足は、お肌の老化を招くことに

生理前になると、強い眠気に襲われることがありますよね?そういう時は、眠気に逆らわず、仮眠をとるようにしましょう。女性ホルモンをコントロールしている脳を、睡眠で休ませることによって、肌荒れをはじめとする生理前の不調が改善する場合があります。睡眠時間は8時間を目安に確保するようにしましょう。仕事が忙しいからといって、睡眠時間を削っていては、お肌の老化が進んでしまうことに……。可能な限り、規則正しい生活を送るようにしましょう!

また、生理前は皮脂分泌が増えるため、タオルや枕カバーを清潔に保つように心がけてください。前髪がある方は、髪が皮膚に触れているだけでニキビができやすくなってしまうので、髪が顔にかからないように、ヘアピンなどで留めておきましょう。

症状が改善しない場合は、専門医に相談を

セルフケアで改善しない場合は、婦人科など医療機関の受診をおススメします。昔と比べ、女性が積極的に働くようになった分、計り知れないストレスが女性の皆さんにのしかかっているのでしょう。ストレスを和らげなければいけないと、頭で理解できていても、あまりの忙しさに実際に行動に移せない方も多くいらっしゃるはず。そんな時は、一人で解決しようとせず、婦人科、あるいは心療内科など専門医に相談してみましょう。漢方薬やピルが処方され、症状が和らぐケースがあります。

生理前のご自愛メゾットはいかがでしたか?不調を改善するためには、「ストレスをかけないこと」が何よりも重要です。普段は忙しくても、生理前だけは、体や心に負担をかけずに、ゆったりと過ごしてみたいものですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>