紫外線防止でシミ、シワ、肌荒れをブロック!

cc7caca6d0f37e0f0f70f2f3b26e336e_s

紫外線は、太陽光線の一種です。強く浴びることで、お肌に負担を与えます。紫外線予防を怠るとどうなるのか、ここでは、その成分と予防法をご紹介しています。

紫外線予防(UV)~日焼け止め成分を知りましょう。

紫外線予防でおすすめなのが、日焼け止めクリーム。手軽にさっと塗るだけのおススメUVカット方法です。店舗などで購入するときは、日焼け止めクリームのタイプを知ってから購入するのがいいでしょう。肌にあったものを使用することで、紫外線カットの効果が違ってきますよ。
さて、日焼け止め成分についてですが、紫外線錯乱剤と紫外線吸収剤に大きく分けられます。

紫外線錯乱剤は、微粒子酸化チタン、酸化亜鉛などが配合されているので、紫外線を反射させる機能があり、日焼けをプロテクトするといった優れた成分です。

一方、紫外線吸収剤には、ケイ皮酸誘導体、パラアミノ安息香酸誘導体などの成分が配合されており、肌に吸収させてから、熱エネルギーとして放出させます。そのため、肌の弱い人には、あまりおすすめできません。

紫外線予防のため、日焼け止めクリームを購入するときは、どのタイプのものなのかを確認してから購入するのがいいでしょう。

紫外線予防(UV)を怠るとどうなるの?!

紫外線は、お肌の大敵と言っても過言ではありません。年齢肌はともかく、紫外線は、シミ、シワ、肌荒れの一番の原因です。
紫外線予防を怠ると、せっかく弾力のあるお肌でも、乾燥気味になり、コラーゲンやエラスチンに悪影響を与えるだけでなく、水分の保持が少なくなり、弾力のない老化したお肌になってしまうことも‥‥。
また、紫外線によりお肌のバリア機能が低下することで、肌荒れを起こしがちに‥‥。

人の皮膚は、紫外線という熱を吸収することで、乾燥し肌細胞が乱れるのが特徴。また、紫外線を浴び汗をかいたら、その脂が酸化して老化の原因を作ってしまうことも多々あること。こうしたことからも、いかに紫外線予防が大切であるか分かると思います。
UVカット、紫外線カットを上手にすることが、アンチエイジングに繋がると言ってもいいでしょう。

紫外線予防(UV)のあれこれ

紫外線予防で一番、オーソドックスなのが、日焼け止めクリームです。紫外線カット、UVカット配合と謳って、どこででも手軽に購入することができます。
ここ数年の紫外線は、オゾンの破壊により、急激に刺激性の強いものになっています。それだけに、年間を通して紫外線予防をするのがおススメ。
日焼け止めクリームを塗って外出から戻ったら、十分な保湿も忘れないでください。美白性のあるローションや美容液を使用することで、日焼けした肌のキメを整え、さらに、保湿することで、お肌を乾燥から守り、結果的にシミ、シワ、肌荒れを予防することができるのです。
上記以外の紫外線予防としては、日傘やツバのある帽子がおすすめです。ありきたりですが、これらを使うだけでも、紫外線を少しでもカットすることができます。
さらに、睡眠不足や過労などもお肌の低下に繋がるので、十分な睡眠と栄養を取るようにしましょう。
スキンケア商品だけでなく、紫外線グッズや正しい生活習慣と併用しながら、紫外線予防に努めることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>