ターンオーバーを促して美白対策!

KE003_72A

美白化粧品を使用している女性は多いことでしょう。「メラニン生成を抑える」ことが美白へと導くと考えられがちですが、実は大間違い。メラミンがない肌は、逆に紫外線ダメージを受けてしまい、肌トラブルを引き起こしてしまうかもしれないのです。

メラニンがなければ美しい肌は保たれない!

肌が黒く焼けたり、シミになるのはすべてメラニンが関係しています。そのことから、美白を目指す女性は、メラニンのことを敵視しがち。しかし、メラニンは肌を守る大切な役割を果たしていること、ご存知でしたか?

メラニンが紫外線ダメージから肌を守る

強い紫外線を浴びると、真皮(肌の奥深くにある組織)のメラニンが活性化し、肌を守ろうと色素を作ります。肌は黒いほど強い紫外線に強くなるので、これは肌を守るための防衛本能といってもいいでしょう。

なぜシミができるの?

シミの原因は複数考えられます。夏に焼けた肌が色素沈着を起こしてしまったり、ターンオーバーが一部だけ行われなかったり、メラニンが異常に働いて色素を作ってしまっていたり。

ターンオーバーがきちんと行われていれば、シミができることはほとんどありません。しかし、人の肌は加齢とともに、ターンオーバーが行われる頻度が減り、いつまでも黒く焼けた肌が白くならず、シミとして残りやすくなってしまうのです。

ターンオーバーで美白肌を手に入れる

肌は黒く焼けてしまいますが、冬になると白く色が戻ると感じる方も多いですよね。これは、肌のターンオーバー(新陳代謝)により、新たな肌に生まれ変わるから。色素がついた肌も、時が経てば白い肌へと生まれ変わります。

どんなに日焼け対策をしても肌は焼けてしまうもの。ならば、ターンオーバーを促進して美白ケアを行うのも、日焼け対策と同じくらい重要なことではないでしょうか?

どうすればターンオーバーをうながせるの?

  • 抗酸化作用のある食べ物を選ぶ
  • 睡眠をしっかりとる
  • 運動する
  • 冷え対策をする

体が冷えることはすべてにおいてよくありません。新陳代謝を促すためにはまずは体をあたためることから始めましょう。そのためには、運動をして体の血液循環をよくすることが大切です。

睡眠は体の働きを正常にするために必要なもの。もちろん、しっかりと寝ることが必要です。

抗酸化作用で活性酸素から肌を守る!

食べ物は、抗酸化作用のある緑黄色野菜やビタミンたっぷりの果物がおすすめ。抗酸化作用は活性酸素から体を守ってくれるといわれています。

活性酸素を増やさないことも重要

メラニンが働くきっかけは活性酸素が影響していると考えられており、この活性酸素は体が酸化することと関係していると言われます。抗酸化作用のある食品をとることで体を酸化させないことが、白い肌を手に入れる近道といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>