肌を守る土台を作る!

HT102_72A

自分の肌の荒れ具合をよく実感できる部分といえば顔ですよね。では、顔の肌荒れを予防するためにはどんなことが有効だと思いますか?実は皆さんが毎日行っているクレンジングや洗顔も、肌荒れを防ぐためにはとても大切なことなのです。

意外な発見!1番簡単で大切な肌荒れ予防法

顔は他の部位とは違い、衣服等で隠すことの出来ない部分です。もし顔の肌が荒れてしまうと、メイクのノリが悪くなる、ニキビやシミができるなど様々なトラブルの原因となります。

では、肌荒れを防ぐにはどうしたら良いでしょうか?意識しなければならないのは、自分の肌を大切にしようとすることです。そのためにできることは、紫外線予防や化粧水、美容液を塗るなど、たくさんのスキンケア方法があります。

しかし、そればかりに目を向けてしまい、スキンケアの基礎を見逃してしまっている方が大勢いらっしゃるのです。実は、その基礎に当たる部分が、クレンジングや洗顔になります。

激しい運動をする前は、必ず準備運動やストレッチをしますよね。準備運動をおろそかにすると、大ケガにつながります。大ケガ(肌荒れ)をしないために、自分のクレンジングと洗顔の方法を見直してみましょう。

これで安心!正しいクレンジング

クレンジングとは、メイクの汚れを落とすことです。メイクアップ料は油分が主成分なので、水では落ちません。そのため大抵のクレンジング剤には、油分を乳化して落としやすくする界面活性剤というものを含んでいます。界面活性剤は、皮膚に多くの刺激を与えてしまうので、クレンジング剤を長時間皮膚に乗せておくのは、あまり良いことではありません。クレンジングはなるべく手早く終わらせてしまいましょう。

クレンジング剤には様々なタイプのものがありますが、液体に近いものほど多くの界面活性剤を含んでいるため、油分を適度に含んだクリーム状のものがオススメです。

クレンジングの手順としてはまず、目元などのメイクが濃い部分へ、専用のリムーバーを含ませたコットンを乗せて1分ほど待ちます。肌の弱い方はオリーブオイルを代用しても良いです。

時間が経ったらコットンを取り、目の周囲を軽く拭きます。その後、クレンジング剤をTゾーン、Uゾーンの順に優しく馴染ませ、ぬるま湯で一気に落としましょう。この時強く擦るのは、肌へのダメージになるためNGです。

こすっちゃダメ!正しい洗顔

洗顔の目的は、皮膚の汚れを落とすことです。だからといってゴシゴシ擦ると肌へのダメージになってしまうため、タマゴぐらいの大きさに泡立てた洗顔料で、優しく撫でるように泡をつけます。ぬるま湯ですすぐ際にも、肌を傷つけないように注意が必要です。

洗顔料は、自分の肌に合ったシンプルなものをオススメします。肌への保湿や美白成分は、本来化粧水や美容液で補うものなので、刺激の強すぎないものを使うようにしましょう。

以上でスキンケアの準備運動が完了となります。大事なことは、肌を傷つけないようにしながら、しっかり汚れをとることです。肌を綺麗にしようとするあまりに、肌へ過剰な刺激を与えていませんでしたか?これを機会に、正しいクレンジングと洗顔で、気持ちの良い肌を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>