化粧品より飲んだ方が効果的?「お肌の味方」の説明書

GN064_72A

スキンケアには欠かせないビタミンC。お肌に良いことは知っているけど、化粧品から摂るべき?飲むべき?と迷走している人も多いのでは。そこで今回は、化粧品より飲んだ方が効果的?「お肌の味方」の説明書をご紹介します。

ビタミンCがお肌にいい理由とは

そもそも、ビタミンCはなぜお肌にいいのでしょうか。ビタミンCにはシミの生成を防ぐ効果があり、抗酸化作用も強いため、ニキビ予防にも適しています。また、活性酸素を取り除く効果があるため、アンチエイジングの効果もあるのだとか。コラーゲンの生成を促進する作用もあるので、美肌になるためにはマストアイテムとなっています。

ビタミンCが不足してしまうと、肌がくすみ、風邪をひいてしまう場合も……。お肌に限らず、人間にとって必要な栄養分であるということが伺えますね。

化粧品だけでなくドリンクからも摂取を

ビタミンCの弱点は、空気に触れるとすぐ壊れてしまうという点です。そのため、化粧品に配合されていたとしても、あまり効果は期待できないのだとか。肌から摂取したい場合は、ビタミンCの進化系である「ビタミンC誘導体」がおススメ!ビタミンC誘導体は、美容外科やエステサロンなどで微弱電流を流しながら肌に浸透させていく際に使用されますが、最近ではイオン導入機器にも含まれているため、気軽に摂取できるものとなっています。

美肌作りの基本は「健康であること」!ビタミンCは、肌からだけでなく、ドリンクや食べ物を通して摂取することも大切です。熱に弱いという側面がありますから、加熱せず、野菜ジュースやフレッシュジュースから摂るのがおススメ。バレンシアオレンジ、イチゴ、キウイ、アセロラなどの果物には、ビタミンCが含まれているといわれています。ジューサーで、100%ジュースを作って、朝にゴクリと飲むのもアリですよね!

緑茶にもビタミンCが含まれているため、リラックスタイムに1杯飲むのも賢い体調管理法といえますね。脂肪燃焼にも効果的なので、美肌にも健康にも効果あるドリンクです。

内側ケアも徹底的に

「ビタミンCの正しい使い方」いかがでしたか?ポイントは、外側からだけでなく、内側のケアを重点的に行うということ。ビタミンCの摂取以外にも、ストレスを溜めないことも美肌になるためには重要です。ぷるるん美白肌を目指して、ビタミンCを積極的に摂るようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>