肌の仕組みから肌の健康へ

81ff4KpmXNL._SL1500_

皆さんは、自分の肌の健康を考えたことはありますか?身体と同じで、肌の健康を知るにはその仕組みを理解することが大切です。そこで今回は、肌の大切な仕組みであるターンオーバーについてお話します。

肌の生まれ変わり、ターンオーバー

ターンオーバーとは、簡単にいうと肌が生まれ変わる周期の事です。人の肌は、平均28日で古い肌から新しい肌に入れ替わります。皮膚の源となるのは、ケラチノサイトという細胞です。ケラチノサイトは、約2週間かけて角質層まで辿り着き、角化することで角質となります。そこから14日間ほど表皮に存在し、最後には剥がれ落ちていくのです。

角質を含む角質層には2つの機能があります。1つは皮膚を紫外線やダメージから守るバリア機能、もう1つは肌に水分を蓄える保湿機能です。こうした機能を持つ角質は、通常4週間ほどで入れ替わります。しかし、何らかの原因でターンオーバーが崩れることで、肌に様々な悪影響を及ぼしてしまうのです。

ターンオーバーの乱れは肌の乱れ

  1. ターンオーバーが早くなっている場合

    ケラチノサイトは普通、14日かけて角質層まで到達します。しかし、それよりも早い期間に角質層へ着いてしまうと、本来のバリア機能や保湿機能を備えないままの未熟な状態で角質層を形成してしまうのです。

    そういった肌は、皮膚を刺激から保護する機能が弱いため敏感肌になります。防御機能が低いことから肌も荒れやすく、炎症が起きることもしばしばです。

    また、保湿機能が完全ではないため肌が乾燥しやすく、シワやたるみの原因になります。

    ターンオーバーが早まる原因を簡単にいうと、肌へのダメージです。紫外線や不適切なスキンケアなどで強い刺激を受けると、角質は通常よりも早くに剥がれ落ちてしまいます。その剥がれ落ちた角質を補うために、未熟なケラノサイトが角質層となるため、ターンオーバーが早まってしまうのです。

  2. ターンオーバー(前半)が遅くなっている場合

    ケラチノサイトが基底層から角質層に来るまでの期間が長くなる、つまりターンオーバーの前半部分が遅くなってしまうとシミの原因になることがあります。

    紫外線によって活性化されたメラノサイト細胞(シミの原因物質)は、ターンオーバーが正常であれば角質とともに皮膚の外へ排出されますが、ターンオーバーの前半部分の期間が長くなると、メラノサイトが表皮に留まりシミになってしまうのです。

    この前半部分が遅くなってしまうのは、不規則な生活や老化でホルモンバランスが崩れてしまうことが原因といえます。

  3. ターンオーバー(後半)が遅くなっている場合

    ケラノサイトが角質として長時間表皮に存在している場合、古い角質の積み重なりや毛穴への詰まりにより、顔全体が黒ずんでしまいます。

    古い角質がいつまでも表皮に存在する理由は、洗顔をきちんとしない、油分を含んだクリームや乳液の過剰使用などによって存在する余計な油分が角質同士をくっつけてしまうことです。

ターンオーバーの正常化が肌の健康への鍵

ターン―オーバーを正常化するにはどうしたら良いでしょうか?その方法は簡単で、規則正しい生活と、バランスのとれた食事、保湿を中心とした適切なスキンケア、紫外線予防など肌と身体の健康を考えていれば当たり前のことばかりです。

この当然のことを普通に出来るストレスフリーな生活こそが、肌と身体の健康を守るうえで1番大切だということを踏まえて、ご自身の生活をもう一度見直していただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>