肌のターンオーバーを理解して美肌を手に入れよう!

22349595_s

日焼けをしたわけでもないのに、肌が薄黒かったり、くすんで見える。そんな経験ありませんか?もしかしたら、それはターンオーバーが正常に働いていなくて、古い角質が溜まってきているせいかも…。

そこで今回は、肌のしくみを知って、シミなどのないきれいな肌を目指しましょう。

ターンオーバーの仕組みって?

肌は皮膚が一枚はりついているわけではありません。

皮膚は一番表面から、表皮・真皮・皮下組織という層になっています。さらに表皮は、角質層・顆粒層・有蕀層(ゆうきょくそう)・基底層(きていそう)の4つの層に分かれているんですよ。基底層で生まれた新しい細胞は、時間をかけて下から上へ上へと押し上げられて、最終的には垢となって、自然にはがれ落ちます。

このサイクルのことをターンオーバーといいます。

つまりターンオーバーとは、毎日新しい細胞が生まれ、入れ替わることによって新しい皮膚に再生する活動。そう、「新陳代謝」のことです。

ターンオーバーが正常に働いていないと、本当は垢となってはがれ落ちるはずの角質が残ってしまって、肌がくすんで見えたり、シミとなって残ったりしてしまいます。

年齢によって違ってくるターンオーバー周期

子供のころは、傷ができてもすぐに消えていたのに、いつまでたっても消えないってことはありませんか?

一般的にターンオーバーは28日周期で行われます。しかし、加齢によって新陳代謝が悪くなって、その周期がどんどん長くなり、40代は20代に比べて、1.5倍~2倍かかるといわれています。

同じ肌でも顔と手足などではターンオーバーの周期は違って、手足は顔よりもターンオーバーの周期が長いので、ゴシゴシ洗わないでくださいね。肌を傷めてしまいますよ。

ターンオーバーを正常に保つためのケア

みなさん、肌のゴールデンタイムというのをご存知ですか?午後22時~午前2時の4時間。この時間帯には成長ホルモンの分泌がとっても活発。成長ホルモンは、新陳代謝を活発にするので、もちろんターンオーバーの活動も促進。午後22時までに就寝するのは難しいかもしれませんが、せめて0時までにはお化粧を落として、ベッドに入りたいものですね。

角質層が厚くなっている人には、ピーリングがおすすめ!!強制的にターンオーバーさせます。方法はケミカルピーリングやレーザーピーリング。美容整形外科や皮膚科でやってくれますよ。自宅で簡単にピーリングしたい人はクエン酸や重曹でピーリングできます。ただし、やりすぎは禁物。逆に肌を傷めてしまいます。汚れをきれいに落としたあとは、バッチリ水分を補給してくださいね。

ターンオーバーの周期が早ければいいってもんじゃありません!!紫外線によって傷めつけられた肌は早く回復しようと、ターンオーバーが早くなります。その結果、正常な細胞が生まれず、メラニンが表皮に沈着して、シミやソバカスができてしまう事態に・・・。肌のためにはやっぱり紫外線対策は必須です。

ストレスでターンオーバー周期が乱れてしまいます。心も体もすこやかに保っていつまでもきれいな肌でいたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>