お肌が過敏なあなたも、これでスベスベ肌に!?正しいスキンケア法をご紹介

敏感肌って何かと面倒ですよね。一生懸命、化粧水つけてもブツブツっとできてしまったり、いつになっても綺麗肌になれずに、お困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

敏感肌を気にしすぎて、ベトベトを避けるようにクリームを塗らずに放置していたりしませんか?あるいは、汚れを落とすのに必死で、すすぎ洗いを何回も繰り返し行っていませんか?でもそれ、スキンケアとしてはNGなんです。

そこで今回は、「肌が過敏なあなたも、これでスベスベ肌に!?正しいスキンケア法」をご紹介します。

b0606e07dee32396cbefe7c95513d75d_s

気にしすぎ!ありがちなNGスキンケア

最近は、敏感肌の女性が急増中。一つは、「大気汚染」が進み、外出するだけで、顔に汚れがついてしまうことが原因。昔に比べて、女性が積極的に社会に出るようになった分、家事・育児以外の負担もかかってくるようになり、解消しきれないストレスが肌に影響している可能性もあります。そんな外的刺激から守るためにも、普段のお手入れが重要になってきますよね。

敏感肌さんにありがちなNGスキンケアは、泡を立てずに洗顔をすること。過度な刺激を与えないように、洗顔クリームを塗り込むようにして洗う人がいますが、絶対NG。毛穴の汚れをしっかりと落とすためには、手のひらに少量の洗顔クリームをのせ、細かい泡を作り、優しくなでるように洗っていきます。

また、化粧水をつける時にコットンを使わず、手でつけようとする人がいますが、これもNG。手では均一に化粧水をつけることはできません。コットンを使う時は、そ~っと顔にほんの触れる程度で、お肌に水分補給をしてあげましょう。

ベタツキを気にして保湿クリームを塗らないのもNG!敏感肌だからこそ、保湿は絶対です!敏感肌は、バリア機能が低下していることでお肌が外部からの刺激を受けやすい状態になっているということ。保湿力を高めるためには、クリームは必須。自分に合った保湿クリームを選ぶようにしましょうね。

「手」がポイント

敏感肌のスキンケアは、あなたの「手」が大切なツールになります。手を使うお手入れを意識するだけで、状況は改善できるはず。シンプル・丁寧に、お手入れをしていくだけで、すべすべ肌に近づけますよ。

洗顔前には、きちんと手を洗い、雑菌などを洗い流しておきましょう。洗顔をする時は、手で優しく包みこむように洗っていきます。細かい部分を洗う時は、指をつかいながらくまなく洗うように。6回くらいのすすぎ洗いがベストです。

保湿クリームをつけていくときも、手の平にのせたあと、ほんの数秒、人肌で温めてから顔に塗ってきましょう。一時的にでも温度を上げることで、ただ塗るよりも保湿力が高くなるそうです。

NGスキンケアを今一度改め、お肌に優しいスキンケアを心がけましょう。敏感肌だからといって過度に心配する必要はありません。しっかりと汚れを洗い落とし、「手」をうまくつかいながら化粧水や保湿クリームでお手入れしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>