手荒れの原因と対策を知り、手荒れとさよならしよう

そろそろ寒くなり、手荒れをしてしまうシーズンになりました。意外と見られている手、がさがさしていたり、ひび割れしてしまったりして悩んでいる方は多いのではないでしょうか?正しいケアをして手荒れとさよならしましょう。

5220140_s

手荒れの原因

手荒れの原因は「乾燥」です。

手の皮膚には皮脂を分泌するための皮脂腺が少ないので、ほかの部分に比べるとダメージを受けやすく、冬場はとくに乾燥してしまい油分が不足してしまいがちです。そのため肌のバリヤ機能が低下することによって角質がかたくなりガサガサしたり、ひび割れしてしまったり、ひどくなってしまうと痒みを伴うこともあります。

対策

  • 食器などの洗い物をするときは、素手で行わずにゴム手袋をしましょう。食器用洗剤は肌の油分や角質の潤い、肌の防御成分まで洗い流してしまいます。

  • 外出時は手袋をしましょう。冬場は外気も乾燥しているため、そのまま手を外気にさらしていると、手の水分が蒸発してしまいます。

  • 手洗いの後はタオルでふきとりましょう。濡れたままにしていると水分が蒸発するときに手に必要な水分まで蒸発してしまいます。

  • 手洗いの時はぬるま湯か、なるべく水で洗いましょう。お湯は必要な油分まで流してしまう場合があります。

  • シャンプーを見直してみましょう。クレンジング系のシャンプーではなく油分を配合しているものや、シャンプーブラシを使用するのがおすすめです。

ハンドケア

手を洗ったあとはハンドクリームを塗ってくださいね。1日1回は時間をかけてケアをするといいですよ。

とくに入浴後・就寝前がおすすめです。入浴後は手も清潔であたたまり角質もやわらかくなっているので通常よりも浸透しやすくなりますし、就寝前だと寝ている間に集中ケアができてしまうのです。

さらにひと手間加えてハンドクリームを手にとり両手で包むようにして温めてから塗ると浸透力がアップするので、これはぜひやってみて下さいね。ハンドクリームを塗るときは手の甲・指の間・腕までマッサージをしながら塗りましょう。それからシルク・コットン・麻の手袋をはめて寝ると、さらに効果的です。

手荒れしてしまったときのケア

ひび割れ・あかぎれの場合

→ビタミン系のハンドクリームがおすすめです。さらに血行をよくするものや水分・油分を補給する保湿系のものを選びましょう。

固くなっている場合

→尿素系のハンドクリームがおすすめです。尿素はひび割れやあかぎれなど傷がある場合は、その部分に染み込むことがあるため、ビタミン系や保湿系のほうを選びましょう。

かゆみを伴う炎症をしている場合

→医薬品ハンドクリームがおすすめです。乾燥からくるカサつき・かゆみのある部分に使うなら尿素系のもの、そのほかの原因で起こるかゆみ・皮膚炎には非尿素系のものを選ぶといいでしょう。

症状が気になる部分にはハンドクリームを重ね塗りするなど使う量を調整しましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>